人目・視線が気になる

人見知りになる根本の原因は「とらわれ」。いくら自信をつけても直らない理由とは

「初対面だとうまくしゃべれない」「複数人の輪の中に入るのが苦手」

こうした「人見知り」と呼ばれる人たちはたくさんいます。

私自信、若いころから人見知りであることに強いコンプレックスを抱いていたことから、「なんとかこの性格を変えて自信をつけたい!」と切望してきました。

そして、人見知りな性格を直そうと色々なことにチャレンジしても、根本的に改善されることはありませんでした。

これは、人見知りの真の原因である「とらわれ」を理解せずに、ただ「うまく話せるようになる」「自分に自信をつける」といったことに焦点を当てていたためです。

根本から人見知りを直すためには、まず「とらわれ」から自分を解放させてやることが大切なのです。


人見知りの真の原因である「とらわれ」とは

とらわれとは、「~でなければならない」「~であるべきだ」といった“決めつけ”や“思い込み”のようなもののことをいいます。

たとえば、私の人見知りがピークだった頃には以下のような「とらわれ」を持っていました。

  • 人には明るく振るわなくてはならない
  • 元気のない自分を見せるのは恥ずかしいことだ
  • うまく話せないことは恥ずかしいことだ
  • 相手に不快な思いをさせてはいけない
  • 何か面白いことを言わないと人に認めてもらえない
  • 自分は過去に何らかのトラウマがあったから人見知りになったのである
  • 自信をつけて性格を変えないと人見知りは直せない
  • 少しでもコミュニケーションがうまくいかなければその人とは仲良くなれない

これらは、決して“事実”ではなく、今まで自分が勝手に作り上げてきた一種の「固定観念」でしかありませんでした。

人見知りから解放された今自信をもって言えることは、こうした「とらわれ」を解かない限り、人見知りは直すことができないということです。

また、この「とらわれ」は、人見知りのみならず「完璧主義」や「ネガティブ思考」などといった考え方にも影響を及ぼします。

もし自身の考え方が原因で生きづらさを抱えているような方は、「とらわれ」を解放することで今よりずいぶん楽に生きられるようになるかもしれません。

あわせて読みたい
生きづらさを生む「完璧主義」から抜け出すための4ステップ「完璧主義」は、文字通り“完璧”であることを追い求め、何に対しても究極を目指すことにこだわりを持つ性質のことです。 不完全なものや...

「とらわれ」はどのようにしてできるのか

そもそも、こうした「とらわれ」はどのようにしてできるのでしょうか。

とらわれが作られる原因
  • 親や兄弟からの影響
  • 学校の先生からの影響
  • 友達からの影響
  • 職場の上司からの影響

「とらわれ」は、基本的には幼少期の体験がもとになって作られていきますが、生まれもった気質(性格)も考え方や行動に影響していることもあります。

あわせて読みたい
『HSP』と『内向型』の違い・共通点・強み│特徴を知って上手な付き合い方を見つけよう「HSPと内向型って何が違うの?」「どんな人がHSPで、どんな人が内向型なの?」 こう思っている方は多いのではないでしょうか。 ...

また、幼少期の体験に限らず、これまでに触れてきた「本」や「テレビ」「インターネット」からの情報などからも、影響を受ける可能性があります。

たとえば本やインターネットで知った情報を強く信じ込むことで、「ここに書いてあることは絶対に正しい」というような過剰な考えに陥ってしまうことがあるのです。

それがいつしか自分の中で「~したら恥ずかしい」「~しなければ嫌われる」などといった思い込みを作り上げてしまうのです。

あわせて読みたい
「○○な自分」というレッテルを外そう【実践ワーク付き】「私は○○な性格だから」「私は○○な人間だから」 などと、自分を型にはめてしまうことはありませんか? 「自分はこう!」と自己...

「自信さえつければ人見知りは良くなる」という勘違い

人見知りを克服したいと思って私がまず考えたのは、「とにかく自分に自信をつけよう」ということでした。

なぜなら、

  • もっと自信をつければオドオドせずにいられる
  • もっと自信をつければ気軽に発言できる
  • もっと自信をつければ人と会うときの不安もなくなる
  • もっと自信をつければ堂々と振る舞える

などと思っていたからです。

しかし、この考え方には少し危険が伴います。

「自信さえつければ人見知りは良くなる」という考え方は、

同時に「自信をつけなければ人見知りはよくならない」ということでもあり、

「人見知りではない自分」でいるためには常に自信を持っていなければいけなくなってしまうからです。

もちろん、自分に自信をつけることで堂々と振る舞えるようになることもありますし、それがきっかけでコミュニケーションも円滑にこなせるようになるかもしれません。

しかし、「自信さえつければ」ということだけに固執しすぎると、「自信のない自分」を許すことができなくなり、常に「完璧な自分」でいなければいけなくなってしまいます。

  • 失敗する自分
  • かっこ悪い自分
  • 欠点のある自分

そんな自分を隠し続けなければいけなくなることで、いつしか本来の自分を偽るようになってしまうでしょう。

人と会うとどこか緊張してしまい、人付き合いをリラックスして楽しむことができません。

 

『本当の自信』とは、欠点や弱さを含めた“ありのままの自分を受け入れられること”で初めて得ることができます。

自分の弱さを認め、それを受け入れることができれば、もう本当の自分を偽ったり、他のキャラクターを演じる必要はなくなります。

どんな相手を前にしても過度に装うことなく、自然体の自分を見せられるようにもなるのです。

あわせて読みたい
不完全な自分を受け入れるほど「ブレない自信」が手に入る理由。『自信』というと、何かをがんばって“つけていく”といったイメージをお持ちの方は多いかもしれません。 確かに、目標を達成したり苦手分...

「無意識に作り上げたルール」を解放せよ

先に説明したように、「こうでなくてはならない」といった思い込みはプレッシャーを生み、人見知りを悪化させる原因となります。

こうした“無意識に作り上げてしまったルール”のようなものにとらわれているほど、緊張や不安を感じやすくなり、会話や振る舞いはぎこちなくなってしまうでしょう。

人とリラックスして関わるために一番意識すべきなのは、

「こう振る舞わなくては」「よく思われなくては」

といった思い込みを捨て、「自然体の自分」を表現するということです。

実践ワークつき!対人緊張の克服レッスン

対人関係において不安や緊張を覚えやすく、実生活で精神的苦痛や疲弊を感じやすい性質や傾向を『シャイネス』といいます。
シャイネスの中には、『内気』や『恥ずかしがり』、『人見知り』といったものも含まれ、それが原因で人付き合いを避けてしまう方は多いとされています。
このオンライン講座では、全14日間のメールレッスン+ワークシートの実践を通して、人に対する緊張や不安を和らげ、安心して人と付き合うための思考法や行動についてお伝えしていきます。
お好きなタイミングでメールを開封していただき、ご自分のペースで実践していただけることが最大のメリットです↓

>自宅でできる!シャイネス克服レッスン詳細ページへ<

ABOUT ME
てるてる(荒木明)
てるてる(荒木明)
HSP・内向型専門カウンセラー。北海道 札幌市在住。 若い頃から繊細で傷つきやすい性格に悩まされる➔弱い自分を否定し続け対人恐怖症・うつ病を経験。自分の気質を受け入れ、心の機能について一から学ぶことで今ではとても生きやすくなりました。 メール相談を通して、一人ひとりのお悩みに対するアドバイスを行っています。 >>詳しいプロフィール
関連する人気記事
人見知り・コミュ障

人見知りがハマりがちな趣味と克服に役立つ趣味

2018年4月23日
できるノート│HSP・内向型の生きづらさ解消
突然ですが、みなさんはどのような趣味をお持ちですか? 一口に趣味といってもたくさんの種類がありますが、普段何気なくやっている趣味によって、人見知りの度合いにも影響が現れてきま …
人見知り・コミュ障

会話での「オドオド・動揺」を治したい!堂々と振舞うための心構えとテクニック5選

2018年6月12日
できるノート│HSP・内向型の生きづらさ解消
人と会話するときに、過度に動揺してしまったり、オドオドしてしまうことはありませんか? 初対面の人と会話する際や、異性と話すときなどはつ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。