生きづらさの解消

【人に気を使いすぎない方法】気疲れから解放される3つの考え方とは?

人に気を使いすぎて遠慮してしまう。
顔色を伺いっぱなしで疲れる。
どう思われるか不安で本当の自分が出せない…

このような悩みを抱えている方は大勢いらっしゃいます。

良好な人間関係を築くためには、ある程度“場の空気”を読んだり、“相手の気持ち”に意識を向けることも必要です。

しかしそれが過剰になると、社会生活において「息苦しさ」や「生きづらさ」を感じる原因となってしまうこともあります。

 

昔の私もそうでした。

相手の気持ちや考えを先回りしてはそれに適した言動や振る舞いをし、相手にとって「ベストな存在」でいられるよう常に意識していました。

でもそうした自分でいるほど気疲れするし、自分のことが二の次になって欲求不満を抱えることも多かった。

しまいには「なんか損した気分だ」「どうして自分だけ?」といった被害者意識のような感覚を覚えることもありました。

 

以前の私は完全に「他人中心」思考に陥っていて、すべて相手優先・相手基準で考えてしまうタイプの人間でした。

そうすることで「いい人」でいられると思っていたし、そうした存在のほうが周りにも認めてもらえると思っていたからです。

しかし、ある時からそんなお人好しのような存在であり続けることに苦痛を感じるようになりました。

過剰に人に気を使い、何をするにも「これをやったら相手はどう感じるか」などと顔色を伺ってしまう自分に疲れてしまったのです。

 

こうした経験から、

「どうしたら周りに気を使わないでいられるだろうか?」

「どうしたら、もっと楽な気持ちで人と関われるだろう?」

などと考えるようになりました。

そして、以下の3つの考え方を意識するようになってから、気を使いすぎて苦しくなることはかなり減ったような気がしています。


①相手に心を配る

過去の私も含め、周りに気を使いすぎてしまう人の多くは、

  • 相手に嫌われるかもしれない
  • 見捨てられるかもしれない
  • 傷つけられるかもしれない

といった不安が強く、そこから逃れるために相手に尽くすようなところがあります。

  • 嫌われないように○○しておこう
  • 引かれないように●●しないでおこう
  • 仲間外れにされないために自分が引き受けよう…

といった具合にですね。

こうした“自己防衛的”な気遣いは、「相手のため」ではなく、「自分のため」に行われています。

このとき、意識のベクトルは「自分」に強く向けられていますので、本当の意味での気遣い(=相手への心配り)が出来ていません。

人に気を使いすぎて疲れてしまう人は、意外にも「相手を喜ばせよう」とか、「相手に何かしてあげたい」といったポジティブな動機をあまり持っていないことが多いのです。

 

自分の不安を払拭するための気遣いには、「遠慮」「我慢」といったものがつきまといます。

自分が無理をしているように感じたり、気疲れするようなことも多くなります。

その点、相手に向けた真の心配り・配慮にはそうした自己犠牲のような感覚を覚えることはありません。

  • 相手に喜んでもらいたい
  • 相手に安心してもらいたい
  • 相手を笑顔にしたい
  • 相手の力になりたい
  • 相手に何か与えたい

本来、「気遣い」という行為はこうした相手への思いやりや優しさがベースとなるものです。

そうでない気遣いであれば、自分にとっても相手にとっても必要のない気遣いだと思うのです。

 

もし「気を使いすぎて疲れる」と感じることがあれば、

その気遣いは

  • 自分の不安を払拭するためのものなのか?
  • 相手に対する心配りなのか?

と自分に問いただしてみることで、神経をすり減らすような気の使い方はしなくて済むのではないかと思います。


②他人中心から自分主体の考え方へ

【他人中心】の生き方をしていると、人生のあらゆることが他人に依存・支配されていきます。

  • これをやったら人にどう思われるか?
  • 変だと思われないか?
  • どうすればもっと良く見られるか?

など、

《他者の価値観や評価》

が常に行動や思考の原動力となってしまうのです。

“自分の本心”とは異なる言動が増え、本当はやりたくないこと我慢してやったり、無理にがんばろうとしてしまうようになります。

「自分はどうしたいのか」「どう感じるのか」といった意思や価値観があやふやになってしまっているために、人や場の雰囲気に振り回されてしまうことがどうしても多くなってしまうのです。

過去の私は、“自分の意思で”人に気を使っているつもりでしたが、本当は周りの空気や人に流されていただけであったり、ただ受け身になってしまっていただけでした。

自分の心の声に耳を傾けてみたり、他人ではなく自分の物差しで物事を考えるといった習慣がまったく無かったのです。

 

自分主体で物事を考えるようになってからは、やみくもに相手を優先するのではなく、「自分の心地よさ」自分の意思で」優先できるようになりました。

周りに気を使って合わせたり流されてばかりだった私ですが、

「自分がそうしたいからそうする」

「こう感じるからこうする」

といった本音で生きられるようになり、気疲れするようなこともほとんどなくなりました。

③「自分の意思でやっている」という自覚を持つ

「人に気を使うこと」は決して悪いことばかりではありません。

  • 気が付いたことを教えてあげる
  • できることを手伝ってあげる
  • 相手の気持ちに共感してあげる

こうした言動は、相手の負担を軽くしたり気持ちを楽にしてあげることができます。

ただ、そうすることで後から“損”をした気分になったり、“不満を覚える”ようなことがあるとすれば、それはどこかで「見返り」を求めてしまっているのかもしれません。

  • 「教えてあげた代わりに認められたい」
  • 「手伝った代わりに気に入られたい」
  • 「話を聞いてあげた代わりに自分のことをもっと知ってもらいたい」

このような気持ちで気を回してしまうと、相手との関係が対等に感じられずに、不満を抱くことが多くなってしまいます。

そうならないためには、

「これは自分がやりたいからやっているんだ」

自分の責任であることを自覚したうえで配慮することです。

そうすれば、何の見返りがなくてもイライラしたり不満を覚えるようなこともないはずです。

注意:過剰な気遣いはおせっかいにもなる

他人への気遣いが「相手の望んでいない領域」にまで達してしまうと、それは“おせっかい”となります。

頼まれてもいないのに相手の仕事をやってあげたり…

「大丈夫だよ」と言われても無理に荷物を持ってあげたり…

これらは、『善意の押しつけ』と取られてしまっても仕方のない行為です。

良かれと思ってやった行為が、かえって相手を困らせてしまっているかもしれません。

心当たりのある方は、「自分の問題」と「相手の問題」を明確に分け、必要以上に介入しないように気を付けましょう。

「これは自分がやるべきこと。これはあなたがやるべきこと」

といった区別をつける意識を持てば、おせっかいを焼いてしまうのを防ぐことができます。

こうした考え方は以下の記事でもご紹介していますので、こちらもよろしければ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
HSPが人間関係に苦手意識を持ちやすい3つの理由と対処法HSPの人が抱えやすい人間関係の悩みには、 人付き合いが苦手 誰かと一緒にいると疲れる 職場の人間関係に苦痛を感じ...

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
人付き合いで緊張する本当の理由心理カウンセラーの荒木明です。 今回は、「人付き合いで緊張してしまう方」に向けて、その理由や解決方法についてお話をします。 ...
実践ワークつき!対人緊張の克服レッスン

対人関係において不安や緊張を覚えやすく、実生活で精神的苦痛や疲弊を感じやすい性質や傾向を『シャイネス』といいます。
シャイネスの中には、『内気』や『恥ずかしがり』、『人見知り』といったものも含まれ、それが原因で人付き合いを避けてしまう方は多いとされています。
このオンライン講座では、全14日間のメールレッスン+ワークシートの実践を通して、人に対する緊張や不安を和らげ、安心して人と付き合うための思考法や行動についてお伝えしていきます。
お好きなタイミングでメールを開封していただき、ご自分のペースで実践していただけることが最大のメリットです↓

>自宅でできる!シャイネス克服レッスン詳細ページへ<

ABOUT ME
てるてる(荒木明)
てるてる(荒木明)
HSP・内向型専門カウンセラー。北海道 札幌市在住。 若い頃から繊細で傷つきやすい性格に悩まされる➔弱い自分を否定し続け対人恐怖症・うつ病を経験。自分の気質を受け入れ、心の機能について一から学ぶことで今ではとても生きやすくなりました。 メール相談を通して、一人ひとりのお悩みに対するアドバイスを行っています。 >>詳しいプロフィール
関連する人気記事
生きづらさの解消

【集団行動が苦手な方向け】一人行動に自信を持つためのメンタルブロックの外し方とは

2018年9月5日
できるノート│HSP・内向型の生きづらさ解消
「みんなといると気を遣いすぎて疲れてしまう」 「大勢の中では本当の自分が出せない」 こういった方は、一人で行動することの方が多いかも …
性格の改善方法

【保存版】価値観を変えたいときに。考え方が変わる出来事・本・映画を一挙にご紹介。

2018年7月26日
できるノート│HSP・内向型の生きづらさ解消
人が生きる上において「価値観を変えること」には大きなメリットがあります。 また社会の成功者や偉人と言われるような人も、人生のどこかで価 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。